Rotary International Dist.2760 Toyota

委員会活動計画

クラブ奉仕委員会
委員長 酒井 法丈

 クラブ奉仕委員会は「会員増強・職業分類委員会」「出席委員会」「プログラム委員会」「クラブ会報委員会」「親睦活動委員会」と五つの委員会で構成されている委員会です。どの委員会も会員の皆様と深く関わらなければ運営できない委員会です。
 今年度の鈴木会長のクラブテーマは「地域社会で奉仕する機会の扉を開く」です。クラブ内での機会の扉を開くのは当委員会の役割であると自負しながら、豊田ロータリークラブの会員としての誇りと自覚を持ちながら、会員の皆様が楽しく、充実したロータリー活動ができますよう努めてまいります。

会員増強・職業分類委員会
委員長 梅村 恒次

 ロータリークラブの運営及び、クラブ活動を活性化させる為には会員増強は必要不可欠です。ロータリアンとして活躍できる人財の発掘を行い、会員増強に努めます。
 また職業分類を常に検討し、未充填職業分類の方の入会を積極的に進め、会員100名を維持できるよう努めて参りますので、会員の皆様のご協力とご理解を何卒よろしくお願い申し上げます

出席委員会
委員長 澤田 智行

1.ロータリアンにとって例会出席は活動の原点であると考え、出席規定を周知
 するとともに例会出席を促し、出席率の向上に努める。また、欠席の場合は
 必ずメークアップをしていただき、無断欠席0を目指す。
2.各種大会、行事への参加を促し、ロータリアンとして友情を深めるよう推奨
 する。
3.年間皆出席者及び一定の永年出席者には敬意を表し、例会時表彰するとともに記念品を贈呈
 する。

クラブ会報委員会
委員長 丹羽 宣之

 クラブ会報委員会では、会員相互のコミュニケーションの充実を図るため会報の発行を行い、会員の皆さまの情報源となるよう、クラブ内外の情報をタイムリーにお届けできるように活動して参ります。
 また、事務局委員会との連携を密にし、ホームページの充実にも協力して参ります。
 会報委員会の役割をしっかりと自覚し、会員の皆様のためになる活動に努めて参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

【主な活動内容】
1.会報の発行
2.事務局委員会との連携
3.会報の検討(コスト・負担等の軽減)

【会報掲載内容原稿作成についてのお願い】
1.会長挨拶は、400字程度の会報原稿をワードで作成していただき、例会翌日までに事務局へ
 ご提出をお願い致します。
2.卓話者の方は、1,000字程度の会報用原稿をワードで作成していただき、例会翌日までに事
 務局または会報委員会まで、ご提出をお願い致します。
 また、ゲストスピーカーをお願いする場合も、卓話者の責任において原稿の作成をお願い致
 します。
3.クラブフォーラム担当の方も、卓話者同様に原稿の作成をお願い致します。
4.各委員会担当の例会は、担当委員会が原稿を作成し、例会翌日までに事務局または会報委員
 会まで、ご提出をお願い致します。
5.同好会の記事・写真は各同好会にて作成・記録をお願いします。記事・写真が届きしだい会報
 に掲載致します。

 会報の内容の正確さと充実を図るため、会員のご理解とご協力をお願い致します。

親睦活動委員会
委員長 黒土 大介

 親睦活動委員会では、会長の方針である「地域社会で奉仕する機会の扉を開く」を基に、会員及びご家族が参加できる行事を企画してまいります。
また、例会では会員誕生日・ご夫人誕生日・結婚記念日をご報告させて頂き、お祝の品を贈らせて頂きます。
 皆様のご協力とご支援、そして多数の参加をお願い致します。

会場監督
天野 勝美

 会場監督(S・A・A)の役目は、例会やその他の会合で、会が秩序正しく楽しい雰囲気で運営されるための進行役とされています。
 本年度、当クラブでは鈴木秀和会長の重点方針である「地域社会で奉仕する機会の扉を開く」を具体的に推進して行きたいと思います。
 特に今年度は創立60周年を迎えると共に、クラブよりガバナー補佐を輩出し、「西三河中分区IM」のホストを努めますので、クラブ一丸となって取り組んで参りたいと思います。そのためには、会場委員会及び親睦委員会をはじめ、各委員会と連携し、有意義な例会の開催になるよう努めて参りますので、会員の皆さんのご協力をお願い申し上げます。

会場委員会
委員長 河合 拓真

 豊田ロータリークラブの歴史と伝統を受け継ぎながら、会場監督(S・A・A)の指導の下、気品と風紀を重んじ、楽しく快適で充実した例会の運営に努めます。
 また、本年度は豊田RC創立60周年を迎えるため、創業からこれまでのRCを支えてこられた方々を尊び、学び、そして、時代の進化と共に、豊田RCと会員一人ひとりのために、勇気をもって行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めて参ります。

1. 会員各位、並びに各委員会との緊密な連携を図り、円滑な例会運営を心がけます。
2. ゲスト、ビジターの方々に対して、おもてなしの心で接し、共に快適に過ごしていただける
 よう努力いたします。
3. 会員間の親睦がより図られるよう、席次について最大限の配慮を行います。
4. 例会開始前に、会員相互の交流が図れるよう、会場内に自由懇談の場を設けます。
5.地区大会への会員の積極的な参加を促します。
6.お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化を作ります。
7.感染症対策に真摯に取り組み、皆が安心安全に過ごせる会場の運営に務めます。
8.一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。

職業奉仕委員会
委員長 伊藤 英明

 職業奉仕委員会では、鈴木会長の掲げられたクラブテーマ『地域社会で奉仕する機会の扉を開く』の下、活力のある個性に満ちた多様性のあるクラブを目指し、職業を通じて地域社会に奉仕する機会づくりに努め、ロータリーの更なる発展に寄与できる様、取組んで参ります。

[活動計画]
1.毎月第1例会において「四つのテスト」唱和
2.地域社会に奉仕する機会となる職場例会を企画、実施
会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

社会奉仕委員会
委員長 餅原 幹也

 ロータリーの社会奉仕とは、「ロータリアンのすべてが個人生活、事業生活および社会生活に奉仕の理想を適応することを推奨、育成することである」と記されています。
 豊田市にお住まいやお仕事をされている皆様の生活を明るくし、生活の質が高まるよう公共のために、社会奉仕活動を地域の皆様と共に実践してまいります。

[事業計画]
1.行政、福祉団体などの活動に積極的に参画します。
2.青少年健全育成事業に積極的に参画します。
3.交通安全に関する活動に積極的に参画します。
4.環境保全に対する活動に積極的に参画します。

国際奉仕委員会
委員長 川元 敦史

 ロータリークラブの五大奉仕の第四部門である国際奉仕は、クラブの活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や習慣、功績、願い、問題に対する認識を養うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動からなるものです。
 他国に出向き他国の人々との交流や文化に触れることにより実行できる国際奉仕活動はロータリーの礎であります。しかしながらそれだけが国際奉仕ではありません。より国際化が進む豊田市やこの地域にいて、我々会員ができる国際奉仕活動は多くあると考えます。
 本年は、コロナウイルスの蔓延により、言葉通りの国際奉仕は中々困難な状況にあると思いますが、努力したいと考えています。
 一年間皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
本年度の国際奉仕委員会の主な活動は次のとおりとします。

【事業計画】
1.地区の国際奉仕委員会への協力
2.クラブ内のRC財団・世界社会奉仕委員会と米山奨学生委員会との連携
3.クラブや会員が行える国際奉仕活動の模索

ロータリー財団・世界社会奉仕委員会
委員長 柴田 征充

 ロータリーの財団の使命は、奉仕の理念に基づき、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることを目的としています。
 私たちがロータリー財団への寄付金の協力をすることで、寄付がもたらす世界への影響と3年後の豊田ロータリーの活動を推進するときに大きな力になります。その意義や重要性をご理解いただけるよう活動してまいります。
会員皆様のご協力をお願いいたします。

米山奨学委員会
委員長 福田 功二

 ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンの寄付金を財源として、奨学金を支給し支援しています。将来母国と日本との架け橋となって、国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的とします。
 皆様のご理解とご協力をお願い致します。

青少年奉仕委員会
委員長 朝比奈 幸生

 本年度、青少年奉仕委員会では、次の世代を担う青少年達が将来、社会のリーダーとなり、地域に貢献できるよう、人材育成を支援して参ります。
具体的には、下記事業に取り組んでまいります

1.豊田高専インターアクトクラブへの支援活動
2.豊田広域ローターアクトクラブの推進・協力
3.豊田ロータリー育英会奨学制度実施(最終年度)
4.RYLAセミナーの参加。
皆様のご協力とご理解をお願い致します。

インターアクト・RYLA委員会
委員長 大橋 一夫

 インターアクトは、12歳から18歳までの青少年のための国際ロータリーの奉仕クラブです。インターアクトクラブは、支援や指導を与えるロータリークラブが提唱して結成されますが、運営面でも経済的にも自立しています。当地では、1966年、豊田ロータリークラブの5周年事業として国立豊田工業高等専門学校にインターアクトクラブを結成し、現在に至るまで数々の実績を積み重ねてまいりました。
 当委員会ではこれまで同様にインターアクターが地域における奉仕活動を通して下記の事柄の重要性を学び、更なる意識の高揚を育むよう指導、支援してまいります。

1.指導力とその誠実な人格の育成(リーダーシップ)
2.他者を助け、他者を尊重することの大切さ(思いやりの心)
3.各人の責任を果たし、懸命に努力することの尊さ(責任感・人間力)
4.国際理解と親善の推進(国際感覚)

 尚、本年は新型コロナウィルスの世界的な感染拡大の影響を受けて、毎年行っていた海外派遣研修につきましては、中止することとなりましたので、合わせてご報告します。

ローターアクト・青少年交換委員会
委員長 山田 康二

 ローターアクトの目的は、18~30歳の青年が知識や技能を高め親睦と奉仕活動を通じて人々の間によりよい信頼関係を推進するための機会を提供することにあります。
 今年度は、委員長の山田が地区ローターアクト委員会に出向することもあり、より一層地区とも連携し活動に繋げたいと思います。また、豊田広域ローターアクトクラブは会員数の少なさが課題でありますので、会員増強の取り組みにもご協力をお願いします。

研修特別委員会
委員長 鈴木 元弘

 ロータリー活動を楽しく行うためには、会員がロータリーを十分に理解する事が大切です。そのために必要な情報・知識を提供致します。
 また、RIや2760地区の情報を早く、正確に把握し、会員に伝える様に致します。

《今年度の具体的な活動計画》
1.新入会員については、入会後3ケ月以内にオリエンテーションを実施し、
 「ロータリー会員としての心構え」をはじめ、ロータリーの基礎知識を学んでいただく。
2.例会を通じて会員にロータリー情報の提供をする。

事務局(雑誌・広報・IT)委員会
委員長 磯部 晃作

 事務局委員会では、クラブテーマ「Resound to the Future!! 未来に鳴り響け !!」の方針のもと、会員メンバーのロータリー活動をサポートできるよう活動してまいります。ご協力をよろしくお願いいたします。

[活動計画]
1.HPの運営、管理をおこなう。
2.「ロータリーの友」、「ガバナー月信」等を通じての情報発信。
3.年2回程度の地区内クラブ委員長会議への参加。
4.周年事業、記念誌等に向けたデータの管理。
5.運営面において、幹事の補佐を担うものとする。