Rotary International Dist.2760 Toyota

会長方針


2020-2021年度 会長 鈴木 秀和

クラブテーマ「地域社会で奉仕する機会の扉を開く」
 
 1960年に豊田ロータリークラブは創立し、本年60年という節目の年を迎えます。
 この記念すべき年にクラブ会長を仰せつかり、その職務に対し身の引き締まる思いであります。私自身の研鑽と考え、会員の皆さまのご協力を賜り一生懸命努めてまいる所存です。

★2020-2021年度 国際ロータリーRI会長
 ホルガー・クナーク
  2020-2021年度 国際ロータリーのテーマ
  Rotary Opens Opportunities
  「ロータリーは機会の扉を開く」

★2019-2021年度国際ロータリー第2760地区ガバナー
 
  2020-2021年度地区活動方針
「行動するロータリアン!
 世界で何かよいことをしよう、TOGETHER !」
 -ロータリークラブの奉仕が、世界平和につながってゆきます-

 本年度ホルガー・クナークRI会長のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」としています。
 ロータリーは地域社会で奉仕する機会への扉を開いてくれます。そして私たちをより豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれます。私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いていますと唱えています。
機会とは「事を成すのに最も都合の良い時期」という事でありますが、私たちの周りに起きる事象に対してチャンスの扉が開いているから、私たちは行動を起こさなければならないと言う事ではないでしょうか。
 そして地区においては、日本のロータリー100周年の記念すべき年にクラブでも大きく奉仕活動を推進し、世界平和につなげ、仲間を増やしていきましょう!と提唱されています。
 私たち豊田ロータリークラブも60周年という記念すべき年にRIテーマ及び地区方針を踏まえて、活力のある、個性に満ちた、多様性のあるクラブを目指して「地域社会で奉仕する機会の扉を開く」をテーマに活動してまいります。

Resound to the Future!! 未来に鳴り響け!!


【活動重点方針】

1. 60周年を全会員で祝いましょう!
 多くの先輩方のご尽力と会員の皆さまの努力により、60周年という節目の年を迎える事ができました。全会員でこの周年を祝いましょう。そして豊田ロータリークラブの過去を振り返るとともに、未来に向けての豊田ロータリークラブを語りましょう。

2. 周年記念事業を通じて更なる会員の結束の力を高めよう。
 豊田ロータリークラブは2016-2017年度 国際ロータリーRI理事を輩出する事により、多くの経験・体験をした事は記憶に新しいところであります。そして事業を通じてクラブの結束力を再確認する事ができました。本年、創立60周年の式典・記念事業を開催するにあたり全会員で取組み更なる結束を図りましょう。

3. 友情と人脈づくりの機会を育みましょう
 私は豊田ロータリークラブに入会させて頂いた事を大変感謝しております。我々のクラブには地域の代表として活躍される方や大企業のトップの皆さま、そして古くから地域で事業経営をされてきた先輩諸兄がおみえになり、常に自分自身を研鑽させてくれます。また若い会員も毎年増強され、彼らから多くのエネルギーをもらっています。すべての会員の皆さまが、私にとって大きな財産でもあります。
 ロータリーは価値を共有し、高潔な心をもつ人間の集まりであり、友情と人脈を育むことは重要だと考えます。

4.「4つのテスト」を実践しよう
 「4つのテスト」はロータリーの哲学を表現し職業奉仕の理念の実行に役立つもので、ロータリアンとしての自己評価の基準でもあります。私たち会員が常に自己評価する事はとても重要な事であり、私たちの活動の原点であります。